医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

皮膚症状の鑑別診断-色素斑

2010.01.26 (Tue)

色素斑とは


色素斑とは、皮膚の色素が増加したために生ずる限局性の色調の変化をいう。色素の量が増加するにつれて、黒い色調を帯びてくる。褐色、黒褐色、紫褐色、紫灰色、青色などの斑がある。

メラニンによるものがほとんどだが、ヘモジデリン、カロチン、胆汁色素のような体内性のものや異物によることもある。褐色、黒褐色などの斑は表皮層の色素増加による。色素の存在位置が深くなればなるほど、青紫色の色調が強くなる。

色素斑の鑑別疾患


病態 鑑別疾患
黒色(表皮、多量) メラノサイト系腫瘍(色素細胞母斑、悪性黒色腫)
褐色(表皮基底層) 母斑・母斑症(扁平母斑、カフェオレ斑、色素失調症)
内分泌関与(Addison病、肝斑)
紫外線関与(ポルフィリン症)
全身性強皮症
黒色表皮腫
灰褐色(真皮浅層) 炎症後色素沈着(固定薬疹、扁平苔癬、接触皮膚炎)
青色(真皮中下層) 母斑(蒙古斑、太田母斑、青色母斑)
ヘモジデリン 出血性病変

メラニン以外にもヘモジデリンや異物沈着も念頭におく。また、色調により色素沈着の深さが類推できる。

【関連記事】
皮膚症状の鑑別診断-紅斑

皮膚症状の鑑別診断-紫斑
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  皮膚科

皮膚症状の鑑別診断-紫斑

2010.01.26 (Tue)

紫斑とは


紫斑とは、紫紅色の斑で、真皮(~皮下)の赤血球血管外漏出による。すなわち、単に紫色の斑というだけではなく、出血斑であることが定義である。

ガラス板で圧迫しても赤血球の行き場がないため、色は消褪しない(例:アナフィラクトイド紫斑)。紫斑の大きさにより、点状出血(径1~5 mm)、斑状出血(溢血斑 径1~5 cm)という用語もある。

紫斑の鑑別


  血小板数 鑑別疾患
紫斑 血小板減少 血小板性 特発性(ITP)  
症候性(白血病、SLE、DIC)
血小板正常 凝固異常 先天性(血友病)
症候性(肝不全、DIC)
皮膚病理組織 壊死性血管炎 全身性(アナフィラクトイド紫斑、結節性多発性動脈炎)  
皮膚型(皮膚アレルギー性血管炎、皮膚型結節性動脈炎)  
血管閉塞性・沈着性変化 血中異常蛋白性 クリオグロブリン血症、原発性全身性アミロイドーシス
血液細菌培養 敗血症


【関連記事】
皮膚症状の鑑別診断-紅斑
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  皮膚科
Adminブログパーツ