医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

関節リウマチの鑑別診断

2010.06.21 (Mon)
鑑別診断RAと異なる診察所見RAと一致する診察所見RAと異なる病歴RAと異なる検査所見
変形性関節症DIP関節腫脹、MCP関節正常PIP関節腫脹より高齢血清反応、炎症反応正常
SLE蝶形紅斑、脱毛、口腔潰瘍PIP、膝関節腫脹光線過敏、移動性関節炎ANA、補体低下、血球減少
ウィルス性(HPV B19、肝炎、風疹、HIV)皮疹、肝脾腫PIP、MCP、手関節腫脹子供(HPVB19:リンゴ病)への暴露、STD肝酵素上昇、ウィルス抗体検査
リウマチ性多発筋痛症近位筋の痛み、手の浮腫PIP、手関節腫脹高齢、寝返りにおける疼痛抗CCP抗体陰性、高度の炎症反応
乾癬性関節炎皮疹、DIP、nail pitting、腱付着部炎、脊椎炎PIP関節腫脹乾癬の家族歴、大動脈弁閉鎖不全血清反応陰性
更年期関節熱感なしPIP、MCP関節腫脹、こわばり更年期発症し、数ヶ月で寛解血清反応、炎症反応正常

岡田正人 分類不能関節炎に対する個別化医療-予後予測と治療方針決定 リウマチ科 2010;43 (2):85-9.
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  血液・膠原病・アレルギー

関節リウマチの新分類

2010.06.21 (Mon)
【2009 ACR/EULAR関節リウマチ分類基準】
1つ以上の腫脹関節あり(診察、超音波、MRIのいずれか)

より可能性の高い他の関節炎が考えられない。

単純X線写真にて、関節リウマチに典型的な骨びらん→あり:関節リウマチ

なし:以下の分類基準に当てはまるか検討。6点以上で関節リウマチ診断確定。

腫脹または圧痛のある関節数(診察)
中、大関節の1ヶ所0
中、大関節の2~10ヶ所1
小関節の1~3ヶ所2
小関節の4~10ヶ所3
最低1つの小関節を含む11ヶ所以上5
小関節:MCP、PIP、1stIP、2~5MTP、手首
中、大関節:肩、肘、膝、股、足首
OAとの鑑別のためDIP、1stCMC、1stMTPは除外

血清反応
リウマトイド因子(RF)、抗CCP抗体の両方陰性0
RF、抗CCP抗体のいずれかが低値陽性2
RF、抗CCP抗体のいずれかが高値陽性3
陽性基準は施設ごとの正常値を超える場合
低値陽性:正常上限から正常上限の3倍まで
高値陽性:正常上限の3倍を超える場合
国際基準ユニットができれば変更予定

罹患期間
6週未満0
6週以上1
評価時に腫脹または圧痛関節の内で、患者が申告する罹患期間

炎症反応
CRP、ESRの両方が正常0
CRPもしくはESRのいずれかが異常高値1
陽性基準は、施設ごとの正常値を超える場合
スコアリングには最低1つの血清反応と最低1つの炎症反応の測定が必要

【関連記事】
関節リウマチの症状

リウマチ熱とは
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  血液・膠原病・アレルギー
Adminブログパーツ