医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

ウイルス性発疹症

2007.04.11 (Wed)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
ウイルス性発疹症で感染初期に抗体価が上昇するのはどれか。
a IgA
b IgD
c IgE
d IgG
e IgM



正解:e 正解率:70.0%

解説:免疫グロブリンそれぞれの役割は、
IgM:一次免疫応答
IgG:二次免疫応答
IgA:secretory componentと結合して分泌され、感染防御機構としての役割を持つ。
IgE:抗原と結合しヒスタミンなどの化学伝達物質を放出させることによるアトピー性疾患の発症に関係する。
IgD:マウスでは免疫学的記憶機構などに関係しているが、ヒトでの役割は全く判っていない。

とのこと。ウィルス性発疹症で関係するのはIgMおよびIgGであり、初期感染に関係するのは、一次免疫応答を担うIgMである。
故に、答えはe IgMである。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ