医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

アニオンギャップが増加する代謝性アシドーシスの疾患

2007.05.15 (Tue)
【問題】アニオンギャップが増加する代謝性アシドーシスを呈する病態を、2つ選べ。
a.遠位型尿細管性アシドーシス
b.頻回の下痢
c.糖尿病性ケトアシドーシス
d.尿酸アシドーシス
e.ファンコーニ症候群



【答え】c.糖尿病性ケトアシドーシス d.尿酸アシドーシス

【解説】Anion Gap = [Na+]-[Cl-]-[HCO3-]で表され、以下のように大別される。
1)アニオンギャップが増加する代謝性アシドーシス
 ケトアシドーシス(糖尿病、飢餓)、乳酸アシドーシス、腎不全
2)アニオンギャップが正常な代謝性アシドーシス
 下痢、尿細管性アシドーシス、低アルドステロン症
ファンコーニ症候群は、近位尿細管におけるHCO3- の再吸収低下による、アニオンギャップ正常の代謝性アシドーシスとなる。

ゆえに、c.糖尿病性ケトアシドーシスおよびd.尿酸アシドーシスが正解である。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  代謝・内分泌
Adminブログパーツ