医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

鉄欠乏性貧血

2007.05.23 (Wed)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
鉄欠乏性貧血でみられるのはどれか。
a 黄疸
b 脾腫
c 鼻出血
d チアノーゼ
e 収縮期雑音



正解:e 正解率:70.4%

解説;鉄欠乏性貧血 (iron deficiency anemia; IDA) とは、体内に鉄が不足する事により、十分に赤血球を生産できなくなることで生じる貧血のことである。

主な自覚症状は、易疲労感、動悸、呼吸困難感、顔色が悪い、等の貧血症状がある。ひどくなると起き上がることも出来なくなる。

血液粘度の低下により、機能的収縮期心雑音や頚静脈コマ音がみられる。

そのほかに特有の症状として指のつめが上向きに反り返る。指のつめが上向きに反り返る事を匙状爪、スプーン爪(spoon nail)などと呼ぶ。貧血のため、眼瞼結膜は蒼白となる。

合併症としては、プランマー・ヴィンソン症候群(Plummer-Vinson syndrome)があり、舌炎、口角炎、嚥下障害を三徴とするものがある。ほかにも、異食症がみられ、特定の非栄養物質の強迫的・常習的摂取する症候。特に氷を異常な量、食べてしまう氷食症のケースが多い。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ