医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

意識障害を起こす疾患

2007.05.31 (Thu)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
意識障害を起こすのはどれか。
a 痛風
b 糖尿病
c 骨粗鬆症
d 変形性関節症
e 前立腺肥大症



正解:b 正解率:97.0%

解説:意識障害としては、大脳や脳幹を直接障害する頭蓋内疾患の他に、脳神経機能を二次的に障害させる種々の全身性の異常が原因となる。
1)頭蓋内病変:脳血管障害、脳腫瘍、脳外傷、脳炎、髄膜炎 など
2)全身性病変:循環器・呼吸器疾患による脳の低酸素、電解質・浸透圧異常、糖代謝異常(高血糖・低血糖)、内分泌異常、薬物中毒 などがある。

糖尿病における意識障害は、糖尿病性昏睡があげられる。その分類として、以下のようなものがある。
1)糖尿病性ケトアシドーシス性昏睡:インスリンの絶対的不足に伴い細胞内の糖が欠乏し、脂肪酸からエネルギーを取り出そうとすると副産物として生じるケトンが全身性の代謝性ケトアシドーシスを引き起こして発症する。意識障害、低体温、腹痛などが症状。1型糖尿病患者に多い。
2)高浸透圧性非ケトン性昏睡:高血糖性高浸透圧状態は、高血糖に脱水が加わって起こる。意識障害が主症状。高齢者はそもそも脱水状態になりやすいのでこの病態にもなりやすい。高齢の2型糖尿病患者に多い。

上記二つの高血糖による意識障害のほか、糖尿病患者は治療薬の副作用によって低血糖による意識障害や乳酸アシドーシスを呈する場合もある。

故に、b 糖尿病が正解である。      


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ