医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

心身症と診断された28歳男性

2007.06.15 (Fri)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
 28歳の男性。長期海外出張から帰国した後に全身倦怠感が出現したため,産業医の勧めで来院した。検査を行ったが異常はなく,心身症と診断した。患者はその後無断欠勤を続けており,会社から診断書を発行して欲しいとの連絡を電話で受けた。
 まず行う対応で適切なのはどれか。
a 本人の同意を得て欲しいと伝える。
b 家族の同意を得て欲しいと伝える。
c 診断書を作成し本人に郵送する。
d 診断書を作成し産業医に郵送する。
e 診断書を作成し会社に郵送する。



正解:a 正解率:94.0%

解説:
○a 診断書の会社への提出には、患者本人の同意が必要である。

×b 本症では、本人に判断能力があると考えられ、まずは本人の同意を得るべきである。

×c 「患者はその後無断欠勤を続けており」とのことから、単に診断書を送りつけるだけでは、求めに応じることはできないと考えられる。

×d 患者本人の同意を得ていないため、不適である。

×e 禁忌肢となりうる。本人が情報の提供にまったく関与しておらず、同意を得られていない。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ