医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

自然気胸に対する胸腔ドレーンについて

2007.06.29 (Fri)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
自然気胸患者への胸腔ドレーン挿入位置として適切なのはどれか。
a 心窩部
b 鎖骨直下
c 側胸部
d 横隔膜直上
e 傍胸椎



正解:c 正解率:84.2%

解説:胸腔内に空気が貯留した状態を気胸といい、外傷性および医原性気胸を除いた気胸を、とくに自然気胸という。原因としては、気腫性嚢胞bullaの破裂や癒着部の破綻、肺胸膜の断裂などがある。

本症はいずれの年齢でもみられるが、肺に基礎疾患のない細長型の若年男子に多発する群と慢性肺疾患(慢性気管支炎,肺気腫,気管支喘息,肺癌など)がある中・高年層に好発する群との2型があり2峰性を示す。

症状としては、突発した胸痛、息切れがあるが、進行性の呼吸困難があれば緊張性気胸tension pneumothoraxを考慮する。

治療としては、緊張性気胸や呼吸を妨げる場合は、速やかに胸腔ドレナージで穿刺排気する必要がある。

×a 心嚢穿刺などは、心窩部(胸骨剣状突起下)から行う。
×b 鎖骨下静脈穿刺などは、鎖骨直下から行う。
○c 癒着のない気胸は、原則として側胸部で肋骨上縁から挿入する。
×d 横隔膜直上では、横隔膜や肝損傷の危険がある。
×e 背部からドレーンを入れると、仰臥位で寝にくくなり不適。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ