医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

インフォームドコンセント・医師の義務について

2007.07.25 (Wed)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
判断能力のある患者に医師が行うことで,本人の承諾が必要でないのはどれか。
a 静脈から採血する。
b HIV抗体を検査する。
c 会社の上司からの依頼で診療情報を提供する。
d 遺伝子解析のために検体を使用する。
e 食中毒と診断したので保健所に届け出る。


正解:e 正解率:99.0%

解説:
×a 本人の承諾が必要である。

×b 本人の承諾が必要である。

×c 医師には守秘義務(刑法 第134条 秘密漏示)があるため、第三者に依頼されても、本人の同意なくして診療情報の開示をしてはならない。

×d 本人の承諾が必要である。

○e 医師は食中毒患者を診察した場合、直ちに最寄りの保健所長に届け出る義務がある(食品衛生法 第58条)。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ