医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

バイクで走行中転倒し、左側の胸部と腹部とを強打した27歳男性

2007.08.17 (Fri)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
 27歳の男性。救急車で搬送された。
現病歴:バイクで走行中転倒し,左側の胸部と腹部とを強打した。
既往歴:特記すべきことはない。
現症:身長170cm,体重64kg。体温37.4℃。呼吸数54/分。脈拍108/分,整。血圧124/70mmHg。意識は清明。触診で左胸壁に握雪感がある。左前腕に土砂の混入した挫創を認める。ズボンを切ると左大腿中央に擦過傷と軽度の皮下出血とを認める。
検査所見:尿所見:赤色調,潜血強陽性。血液所見:赤血球378万,Hb 12.8g/dl,HT 37%,白血球12600,血小板28万。動脈血ガス分析(自発呼吸,room air):PaO2 60Torr,PaCO2 42Torr。胸部X線写真で左第10肋骨骨折,左気胸および左肺の虚脱を認める。また,左大腿部X線単純写真で左大腿骨骨折を認める。
 この患者でみられる身体所見はどれか。
a 左上肢脈拍微弱
b 肺肝境界上昇
c 左肺呼吸音減弱
d 腸雑音亢進
e 左大腿部連続性血管雑音



正解:c 正解率:93.0%

解説:
①触診で左胸壁に握雪感がある(皮下気腫、左気胸)
②PaO2 60Torr(低酸素血症)
③尿潜血(腎損傷)
④白血球12600(白血球増多)
⑤胸部エックス線写真で左第10肋骨骨折
⑥左気胸および左肺の虚脱
⑦左大腿部エックス線単純写真で左大腿骨骨折

×a 腕頭動脈、腋窩上腕動脈が損傷または圧迫されることで左上肢脈拍微弱がみられる。本症例ではそれより末梢での損傷であると思われる。
×b 気胸なので、肺肝境界は低下する。肺肝境界上昇は無気肺でみられる。
○c 左肺は虚脱しているので、呼吸音減弱がみられる。
×d 腹部の損傷を疑わせる異常所見は書かれていない。
×e 左大腿部連続性血管雑音は、血管狭窄などで起こるが、それを疑わせる所見は書かれていない。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ