医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

Cushing症候群でみられる所見

2007.08.24 (Fri)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
Cushing症候群でみられないのはどれか。
a 貧血
b 肥満
c 高血圧
d 月経異常
e 筋力低下



問題:95E41

正解:a 正解率:81.1%

解説:
×a Cushing症候群は副腎皮質ホルモンの増加がみられ、これは造血を活発化する。結果、赤血球、白血球、血小板は増加するのが普通である。

○b コルチゾール分泌過剰による高血糖、高脂血症さらに肥満がみられる。

○c アルドステロン分泌過剰により、血漿ナトリウムの増加、カリウムの低下、高血圧がみられる。

○d アンドロゲン分泌過剰により、女性では月経異常(無月経)、不妊がみられる。

○e アルドステロン分泌過剰により低カリウム血症がみられ、筋力低下が起こる。また、蛋白異化亢進による筋萎縮が起こる。



トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ