医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

ループス腎炎の病理組織像

2007.09.02 (Sun)
・光顕所見:糸球体病変の基本像は、増殖と基底膜の肥厚(wire loop lesion)である。
 WHO分類では、以下の6型に分類される。
 Ⅰ型 微小メサンギウムループス腎炎
 Ⅱ型 メサンギウム増殖性ループス腎炎
 Ⅲ型 巣状ループス腎炎
 Ⅳ型 びまん性ループス腎炎
 Ⅴ型 膜性ループス腎炎
 Ⅵ型 硬化性腎炎
・蛍光所見:免疫グロブリン(IgG、IgA、IgM)と補体(C1q、C3)の沈着
・電顕所見:内皮下、上皮下、メサンギウムに高電子密度物質electron dense deposits
       沈着物の中のfinger print像、内皮細胞内にmicro tubular structure

糸球体病変の基本像は、増殖と基底膜の肥厚であり、これらがループス腎炎で特徴的です。増殖性変化は、メサンギウム細胞や基質の増生の他に、病変が強い場合は管内増殖、壊死性変化、フィブリン血栓をきたします。さらに免疫沈着物がみられ、糸球体病変を修飾しています。

いわゆるwire loop lesionは、糸球体基底膜が免疫沈着物により不規則に肥厚し、著明な肥厚をきたした場合を指します。蛍光所見では、免疫グロブリン(IgG、IgA、IgM)と補体(C1q、C3)の沈着がみられます。とくに、C1qの強い沈着は他の腎炎では稀で、診断の参考になります。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  病理学
Adminブログパーツ