医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

くも膜下出血に特徴的な所見

2007.09.04 (Tue)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
くも膜下出血で特徴的でないのはどれか。
a 悪心・嘔吐
b 突発性発症
c 激しい頭痛
d 片麻痺
e 項部硬直



問題:96E40

正解:d 正解率:78.2%

解説:
○a b c クモ膜下出血は、急激な発症(突発性発症)、激しい頭痛悪心・嘔吐を特徴とする。意識喪失も約1/3~1/2の症例に頭痛とほぼ同時に起こるが、多くは一過性で数分~1時間以内に回復するが、急激に昏睡に陥る場合もある。

×d 不全片麻痺などの局所症状は、脳実質内に血腫を形成した場合や、血管攣縮による脳梗塞を併発した場合に生じる。クモ膜下出血に特徴的というわけではない。

○e 項部硬直やKernig徴候などの髄膜刺激症状はほとんどの症例にみられる。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ