医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

バイク運転中に転倒した25歳男性

2007.09.05 (Wed)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
 25歳の男性。バイクを運転中に転倒した。事故後数分間は呼びかけに応じなかったが,その後意識は清明となった。頭部X線写真で左側頭骨に線状骨折を認めた。受傷3時間後に強い頭痛を訴え,嘔吐し,次第に呼びかけに応じなくなった。
 最も可能性の高いのはどれか。
a 急性硬膜外血腫
b 急性硬膜下血腫
c 外傷性クモ膜下出血
d 外傷性脳内出血
e 脳挫傷



問題:94D25

正解:a 正解率:77.4%

解説:
①バイク事故
②数分間の意識障害(脳実質の損傷は軽いと思われる)
③その後、3時間の意識清明の後、意識障害を起こした(頭蓋内血腫の増悪)

急性硬膜外血腫は、受傷時の脳実質損傷は軽く、その後出血のため脳血腫が生じると2~数時間の意識清明期(lucid interval)を経て再度意識状態が悪化する。

ちなみに、頭部の外傷後、頭蓋骨に線状骨折がみられ、意識障害を呈している場合には、まず第一に急性硬膜外血腫を疑う。

○a 急性硬膜外血腫が最も疑われる。

×b 急性硬膜下血腫では、受傷直後より症状は重篤なことが多い。

×c 外傷性クモ膜下出血は、脳挫傷に伴ってみられることが多く、症状も重篤である。

×d 外傷性脳内出血は意識障害が最初からみられ、かつ進行性悪化がみられる。

×e 脳挫傷では通常、意識障害、局所症状は続くことが多い。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ