医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

高血圧症と高脂血症とで通院中の48歳男性

2007.10.23 (Tue)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
 48歳の男性。高血圧症と高脂血症とで通院中である。自己血圧測定の結果を持参して定期受診した。最近,血圧変動が激しいことの理由を尋ねたところ,「飲み始めるとついつい深酒になり,朝起きられない。朝食後の降圧薬の服用ができないし,そんな日は無断欠勤してしまう。それでも酒が止められない」と述べた。
 この患者の健康上の問題として最も重要なのはどれか。
a 高血圧症
b 高脂血症
c 問題飲酒行動
d 無断欠勤の罪悪感
e 服薬コンプライアンス



問題:101D19

正解:c
正解率:77.4%→誤答で最も多かったのがeであり、20.8%だった。

解説:
①高血圧症と高脂血症とで通院中である。
②血圧変動が激しい。
③ついつい深酒になる。
④朝起きられない。
⑤降圧薬の服用ができない。
⑥無断欠勤する。
⑦酒が止められない。
上記より、アルコール依存症が疑われる。
飲酒行動に問題があるため、結果として血圧のコントロールが不良となり、無断欠勤という社会的障害も来している。

欠勤などの社会的障害、飲酒による臓器障害、身体疾患の悪化など、明らかに有害な結果が起きているのに、飲酒欲求を抑えられないことより、アルコール依存症であると考えられる。

×「a 高血圧症 b 高脂血症 d 無断欠勤の罪悪感 e 服薬コンプライアンス」といった問題は、アルコール依存症(飲酒行動に問題)に問題があり、その結果として生じている。

○c まずは、問題飲酒行動を解決すべきである。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ