医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

狭心痛に特徴的な所見

2007.12.14 (Fri)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
狭心痛の特徴でないのはどれか。
a 数分間持続する。
b 冷汗を伴う。
c 寒冷で誘発される。
d 圧痛部位が存在する。
e 左肩に放散する。



問題:95E11

正解:d 正解率:92.3%

解説:
○a 狭心痛は、比較的短時間(少なくとも30分以内)にとどまる。

○b 症状としては、嘔気、嘔吐、冷汗(迷走神経反射による)や呼吸困難(心不全徴候)を伴うことが多い。

○c 運動や寒冷刺激といったストレスで、誘発されることがある。

×d 圧痛は、筋骨格系の胸痛(肋軟骨炎など)に特徴的である。

○e 左肩や左頸部に放散する痛みがみられる。

【関連記事】
1カ月で2万部 「聴診器ブック」が売れたワケ

急性心筋梗塞の早期合併症


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ