医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

認知症患者の診察

2008.02.04 (Mon)
今日の一問必修の基本的事項11「主要疾患・外傷・症候群」
認知症患者の初診時にまず行うのはどれか。
a 患者の態度をしばらく観察する。
b 患者の家族から病歴を聴取する。
c 簡単な計算をさせる。
d 身体診察を行う。
e 自己紹介をする。



問題:99B7

正解:e 正解率:91.8%

解説:
×a 何のあいさつもしないで、ただ観察されると患者は不安に思う。

×b 病歴聴取は必要なことであるが、まず行うことではない。

×c 認知症の程度を調べる上で、検査は必要な検査ではあるが、いきなり課題を出されると患者は不快に思う。

×d 身体検査は、必ず患者の許可を得て行う必要がある。

○e 患者の疾患を問わず、初対面の方には自分が何者であるかを伝えることが患者・医師間の信頼関係を築く上で必要であり、その後のよい治療関係の維持につながる。

【関連記事】
正答率80%以上の医師国家試験問題集 part4

前胸部の締め付け感を主訴として来院した60歳男性


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  今日の一問一答
Adminブログパーツ