医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

腎細胞癌のTNM分類

2006.12.02 (Sat)
【原発腫瘍 (T)】
・TX:原発腫瘍の評価が不可能

・T0:原発腫瘍を認めない

・T1:腫瘍の最大径が7cm以下で、腎に限局している
 - T1a:腫瘍の最大径が4cm以下で、腎に限局している
 - T1b:腫瘍の最大径が4cmを超えるが7cm以下で、腎に限局している

・T2:腫瘍の最大径が7cmを超え、腎に限局している

・T3: 腫瘍が主静脈に進展しているか、または副腎または腎周囲組織に浸潤しているがジェロタ筋膜の外側には浸潤していない
 - T3a: 腫瘍が副腎または腎周囲および/または腎洞脂肪に直接浸潤しているがジェロタ筋膜の外側には浸潤していない
 - T3b:腫瘍が腎静脈または分節の(すなわち、筋肉を含む)枝、もしくは横隔膜下の大静脈に大きく進展している
 - T3c:腫瘍が横隔膜上の大静脈に大きく進展している もしくは大静脈壁に浸潤している

・T4:腫瘍がジェロタ筋膜を越えて外側に浸潤している

【所属リンパ節(N)】*
・NX:所属リンパ節の評価が不可能

・N0:所属リンパ節に転移を認めない

・N1:ひとつの所属リンパ節に転移がある

・N2:複数の所属リンパ節に転移がある

*[注: 側性はN分類を左右しない。]
[注: リンパ節郭清を実施する場合、病理学的評価は通常少なくとも8個のリンパ節を対象とする。]

【遠隔転移(M)】
・MX:遠隔転移の評価が不可能

・M0:遠隔転移を認めない

・M1:遠隔転移あり


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TNM分類
Adminブログパーツ