医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

下咽頭癌のTNM分類

2006.12.02 (Sat)
【原発腫瘍(T)】
・TX:原発腫瘍の評価が不可能

・T0:原発腫瘍を認めない

・Tis:上皮内癌

・T1:下咽頭の1亜部位*に限局し、最大径が2cm以下の腫瘍

・T2:片側喉頭の固定がなく、下咽頭の1亜部位*を超えるか、隣接部位に浸潤するか、または最大径が2cmを超えるが4cm以下の腫瘍

・T3:最大径が4cmを超えるか、または片側喉頭の固定する腫瘍

・T4a:甲状/輪状軟骨、舌骨、甲状腺、食道、または前頸筋および皮下脂肪を含む中央区分軟部組織に浸潤する腫瘍

T4b:椎前筋膜に浸潤し、頸動脈を完全に包み、縦隔構造に転移する腫瘍

*[注:下咽頭の亜部位は以下の通りである:
- 披裂軟骨および披裂間ヒダの高さから輪状軟骨下縁まで拡がる咽頭食道接合部(すなわち、輪状後部)。
- 咽頭喉頭蓋ヒダから食道上端まで拡がり、外側は甲状軟骨を境界とし、内側は披裂喉頭蓋ヒダの表面、披裂軟骨および輪状軟骨を境界とする梨状陥凹。
- 喉頭蓋谷の底部から輪状披裂関節の高さまで拡がる咽頭後壁]

【所属リンパ節(N)】
・NX:所属リンパ節の評価が不可能

・N0:所属リンパ節に転移を認めない

・N1:同側の単発性リンパ節転移で最大径が3cm以下

・N2:同側の単発性リンパ節転移で最大径が3cmを超えるが6cm以下、または同側の多発リンパ節転移で最大径が6cm以下、または両側あるいは対側のリンパ節転移で最大径が6cm以下
 - N2a:同側の単発性リンパ節転移で最大径が3cmを超えるが6cm以下
 - N2b:同側の多発リンパ節転移で最大径が6cm以下
 - N2c:両側あるいは対側リンパ節転移で最大径が6cm以下

・N3:最大径が6cmを超えるリンパ節転移

[注:臨床評価では、リンパ節腫瘤の実際の大きさを測定するが、介在軟組織を見込んでおく必要がある。ほとんどの直径3cmを超える腫瘤は、単独リンパ節ではなく、融合性リンパ節または頸部軟組織の腫瘍である。臨床的に陽性のリンパ節には、3つの病期がある:N1、N2、およびN3である。サブグループa、b、cの使用は、必須ではないが推奨している。正中リンパ節は同側リンパ節と考えられる]

【遠隔転移(M)】
・MX:遠隔転移の評価が不可能

・M0:遠隔転移を認めない

・M1:遠隔転移あり


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TNM分類
Adminブログパーツ