医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

外陰部癌のTNM分類

2006.12.02 (Sat)
【原発腫瘍(T)】
・TX:原発腫瘍の評価が不可能

・T0:原発腫瘍を認めない

・Tis/0:上皮内癌(前浸潤癌)

・T1/I:最大径2cm以下で、外陰部または外陰部および会陰部に限局する腫瘍
 - T1a/IA:最大径2cm以下で、1mm未満の間質浸潤を伴う、外陰部または外陰部および会陰部に限局する腫瘍。
 - T1b/IB:最大径2cm以下で、1mm以上の間質浸潤を伴う、外陰部または外陰部および会陰部に限局する腫瘍。

・T2/II:最大径2cm以上で、外陰部または外陰部および会陰部に限局する腫瘍

・T3/III:サイズに関係なく下部尿道および、またはその膣、または肛門などの隣接臓器への浸潤がみられる腫瘍

・T4/IVA:上部尿道、膀胱粘膜、直腸粘膜のいずれかに浸潤または恥骨に固着している腫瘍

[注: 浸潤の深さは、隣接する最表面の皮膚乳頭の上皮-間質間接合部から最も深い浸潤ポイントを測定したものであると定義されている。]

【所属リンパ節(N)】
・NX:所属リンパ節の評価が不可能

・N0:所属リンパ節に転移を認めない

・N1/III:片側性の所属リンパ節転移を認める

・N2/IVA:両側性の所属リンパ節転移を認める

[注:あらゆる手法によって、リンパ節転移の部位および側性を判断するべきである。ただし、「所属リンパ節に転移が認められ、NOS(他に特定されない)」が最終診断の場合患者はN1と病期分類されることとする]

【遠隔転移(M)】
・MX:遠隔転移の評価が不可能

・M0:遠隔転移を認めない

・M1/IVB:遠隔転移を認める(骨盤リンパ節転移を含む)


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TNM分類
Adminブログパーツ