医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

血液ガス分析の臨床的評価法について

2008.06.29 (Sun)
血液ガスを読む場合、以下のような3段階の手順で分析することができる。

第1段階:pH、HCO3-、PaCO2の値から基本となる病態を把握する。すなわち、アシドーシスかアルカローシスか、代謝性か呼吸性かを判断する。
第2段階:AG(アニオンギャップ)、補正〔HCO3-〕を計算する。
第3段階:代償性変化が適当であるかどうか検討する。

具体的には、以下のようなステップで進んでいく。
・症例
22歳女性。自宅で倒れているのを家族に発見され、救急車で来院した。
Na 136mEq/L、K 4.2mEq/L、Cl 100mEq/L、HCO3- 14mEq/L、pH 7.38、PaCO2 24Torr、PaO2 110Torr

第1段階
pH 7.38と下がっていてアシデミアであり、HCO3-、PaCO2がともに低下しているので、代謝性アシドーシスがあると分かる。

第2段階
・AG=Na-Cl-HCO3-=136-100-14=22
→基準範囲(12+2mEq/L)より10mEq/L上がっていて、AG上昇型の代謝性アシドーシスがあることがわかる。

・補正[HCO3-]=AGの基準値12mEq/Lとの差に、実測HCO3-を加えた値=10+14=24
→補正[HCO3-]とは、アニオンの蓄積がなくAGの増加がないと仮定したときの仮想HCO3-である。24mEq/Lに届かなければ代謝性アシドーシス、超えていれば代謝性アルカローシスの合併があると分かる。

本例ではAG上昇型の代謝性アシドーシスを補正すると、HCO3-の基準値(24mEq/L)となり、AG正常型の異常はないことがわかる。

第3段階
酸塩基平衡異常に対する代償範囲は、以下の通りである(Δは、基準値であるpH:7.40、PaCO2:40Torr、HCO3-:24mEq/l、[H+] 40nEq/lからの変動を示す)。
  一次性変化 代償性変化 代償性変化の予測範囲 代償の限界値
代謝性アシドーシス HCO3-↓ PaCO2↓ ΔPaCO2=(1~1.3)×ΔHCO3- PaCO2=15Torr
代謝性アルカローシス HCO3-↑ PaCO2↑ ΔPaCO2=(0.5~1.0)×ΔHCO3- PaCO2=60Torr
呼吸性アシドーシス PaCO2↑ HCO3-↑ 急性:ΔH+=0.75ΔPaCO2 HCO3-=30mEq/l
慢性:ΔHCO3-=0.35ΔPaCO2 HCO3-=42mEq/l
呼吸性アルカローシス PaCO2↓ HCO3-↓ 急性:ΔH+=0.75ΔPaCO2 HCO3-=18mEq/l
慢性:ΔHCO3-=0.5ΔPaCO2 HCO3-=12mEq/l
本例の場合、
ΔPaCO2=(1~1.3)×ΔHCO3-=(24-14)×1~1.3=10~13Torr
となる。実測の値であるPaCO2 24Torrというのは、この予測範囲(27~30Torr)より明らかに低い。つまり、呼吸性アルカローシスを合併していると判断される。

これらから、本例では

・AG上昇型の代謝性アシドーシス
・呼吸性アルカローシス

を合併していることがわかる。本例では、アスピリンの大量服用によって、AG上昇型の代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスを起こしていたのである。

【関連記事】
動脈血採血について

塩基過剰(base excess)とは


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  内科一般
Adminブログパーツ