医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

胸部レントゲン写真の所見パターンと鑑別疾患

2009.03.28 (Sat)
胸部レントゲン写真の所見パターンを分類し、そこから疾患へとアプローチする考え方がある。それぞれの病変の主座や陰影の形状なども異なり、そこから疾患を鑑別することは場合によって有効なこともある。

具体的には、以下のように比較的よく使用されるパターン分類がある。
  肺胞性陰影 間質性陰影 腫瘤陰影 均一な不透過陰影
病変の主座 肺胞~末梢気道(含気腔) 肺胞壁、気管支壁、周囲の間質 含気腔、間質 さまざま
陰影の形状 粒状陰影
斑状陰影
浸潤陰影
線状陰影
網状陰影
蜂巣状陰影
スリガラス状陰影
結節性陰影
腫瘤陰影
空洞陰影
ほぼ均一な不透過陰影
代表的な疾患 細菌性肺炎
肺結核
肺水腫
肺胞蛋白症
肺胞上皮癌
ウィルス性肺炎
マイコプラズマ肺炎
種々の間質性肺炎
過敏性肺炎
肺線維症
肺炎
肺結核
肺炎
無気肺
大量の胸水

【補足】
・肺胞性陰影では陰影の融合傾向が強く、間質性肺炎や腫瘤陰影では少ない。

・経時的変化は肺胞性陰影では速やかであり、間質性陰影では緩徐といった特徴がある。

・厳密な定義ではないが、粒状陰影は5 mm以下、結節陰影は 5 mm~3 cm、それ以上のものを腫瘤陰影と呼ぶことが多いようである。

【関連記事】
レントゲン写真における空洞形成の鑑別疾患

肺癌の鑑別

孤立性肺結節の鑑別診断


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  呼吸器
Adminブログパーツ