医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

原発性肝癌のTNM分類

2006.12.02 (Sat)
【原発腫瘍(T)】
・TX:原発腫瘍の評価が不可能

・T0:原発腫瘍を認めない

・T1:単発で血管浸潤のない腫瘍

・T2:単発で血管浸潤のある腫瘍あるいは多発でいずれもが5cm未満の腫瘍

・T3:多発で5cm以上の腫瘍、あるいは(複数の)門脈または肝静脈の大分枝に浸潤する腫瘍

・T4:胆嚢以外の隣接臓器に直接浸潤する(複数の)腫瘍あるいは臓側腹膜に穿通する腫瘍

【所属リンパ節(N)】
・NX:所属リンパ節の評価が不可能

・N0:所属リンパ節に転移を認めない

・N1:所属リンパ節転移あり

[注: 所属リンパ節は肝門リンパ節 (すなわち、肝十二指腸間膜に存在するもの、肝リンパ節、および門脈周辺リンパ節)である。また、下大静脈、肝動脈、門脈に伴行するリンパ節も含む。これらのリンパ節以外のいかなるリンパ節への浸潤も、遠隔転移とみなし、M1と分類する。下横隔リンパ節への浸潤もM1とみなす]

【遠隔転移(M)】
・MX:遠隔転移の評価が不可能

・M0:遠隔転移を認めない

・M1:遠隔転移あり

[注: 転移は、骨組織、肺に最もよく生じる。腫瘍は被膜を通じて隣接臓器(副腎、横隔膜、および結腸)に伸展するかまたは破裂し、急性出血および癌性腹膜炎を引き起こす]


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TNM分類
Adminブログパーツ