医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

上咽頭癌のTNM分類

2006.12.02 (Sat)
【原発腫瘍 (T)】
・TX:原発腫瘍の評価が不可能

・T0:原発腫瘍を認めない

・Tis:上皮内癌

・T1:上咽頭に限局する腫瘍

・T2:軟部組織に進展する腫瘍
 - T2a:傍咽頭間隙への進展なく、口腔咽頭および/または鼻腔に進展する腫瘍*
 - T2b:傍咽頭間隙へ進展する、すべての腫瘍*

・T3:骨組織および/または副鼻腔に浸潤する腫瘍

・T4:頭蓋内に進展する腫瘍、および/または脳神経、側頭下窩、下咽頭、眼窩、またはそしゃく筋隙に進展する腫瘍

[注: 傍咽頭間隙への進展とは、咽頭頭底板を超える後外側への腫瘍の浸潤を意味する。
 上咽頭癌、特に未分化型から転移する所属リンパ節の分布や予後的影響は、他の頭頸部の粘膜癌とは異なるため、異なる所属リンパ節分類法の使用が正当化される]

【所属リンパ節(N)】
・NX:所属リンパ節の評価が不可能

・N0:所属リンパ節に転移を認めない

・N1:鎖骨上窩より上方の片側性リンパ節転移で最大径が6cm以下*

・N2:鎖骨上窩より上方の両側性リンパ節転移で最大径が6cm以下*

・N3:最大径が6cmを超えるリンパ節転移*6 cm および/または鎖骨上窩への転移
 - N3a:6cmを超える
 - N3b:鎖骨上窩へのリンパ節転移**

*[注: 正中リンパ節は同側リンパ節と考えられる。]
**[注: 鎖骨上帯または鎖骨上窩は、上咽頭癌の病期分類と関連があり、Hoにより最初に記述された三角領域のことである。鎖骨上窩は以下の3点により定義される:
(1) 鎖骨の胸骨側端の上部辺縁
(2) 鎖骨の側端の上部辺縁
(3) 頸部と肩が交わる点
 これには、レベルIVとVの尾の部分が含まれ得ることに注意する。 鎖骨上窩におけるリンパ節(全部または部分)を伴う全ての症例は、N3bとみなす]

【遠隔転移(M)】
・MX:遠隔転移の評価が不可能

・M0:遠隔転移を認めない

・M1:遠隔転移あり


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TNM分類
Adminブログパーツ