医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

HRCTにおける小葉病変パターンと間質性肺疾患

2010.02.19 (Fri)
現在のところ、間質性肺炎のようなびまん性肺疾患に対する画像診断的アプローチの手法としてよく用いられるものは、単純X線撮影とCTである。

CT像のなかでもスライス厚2mm以下の薄層CTの生データから空間分解能を強調した(輪郭を強調した)再構成関数を用いて、主に19~20cm程度の表示視野で片肺のみを表示した高分解能CT(high-resolution CT;HRCT)は、肺の病理像をよく反映した画像を表示できる。HRCTは、肺のびまん性疾患の解析に際しては、肺の二次小葉を診断の基本的単位とする考えかたに応用されている。

二次小葉(Miller)は小葉間隔壁に境界された約1cm大の多角形の構造である。一方、気管支分岐距離から規定されるReidの二次小葉は、Millerの二次小葉と必ずしもその大きさが一致せず、単一のMillerの二次小葉内部に1~20個のReidの二次小葉が含まれる。

二次小葉の辺縁部には、小葉間隔壁や肺静脈あるいは太い肺動脈などが位置する。また、小葉辺縁部からやや離れて(2~4mm)肺動脈分枝や細気管支が位置する。これらの構造に着目して二次小葉を病変解析の基本的な場とする診断法は、びまん性肺疾患の診断に重要である。

HRCTにおける小葉構造に関連づける異常陰影のパターンとして以下のようなものがある。
陰影の分布HRCTにおける特徴主な間質性肺疾患
小葉中心性分布小結節影病像が胸膜や肺静脈から2~3 mmの距離を有し、肺動脈像に連続して存在する。びまん性汎細気管支炎、過敏性肺炎、好酸球性肺肉芽腫症、珪肺、気道散布性肺結核など
汎小葉性分布境界が明瞭な濃度上昇領域で、小葉大(1 cm)の広がりを示す。COP、過敏性肺炎、肺胞蛋白症など
小葉辺縁性分布胸膜や肺静脈の凹凸やそれに一致する結節性病像を示す。特発性間質性肺炎、膠原病性肺炎などUIPを示す疾患
気管支血管周囲性分布肺血管像や気管支壁の凹凸や腫大所見を示す。サルコイドーシス、癌性リンパ管症など

【関連記事】
間質性肺炎の定義と分類


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  呼吸器
Adminブログパーツ