医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

急性白血病、MDSの診断について

2011.05.28 (Sat)
発熱、貧血、出血などの症状があり、なおかつ末梢血液に異常(数、異常細胞など)が認められる場合、急性白血病などを疑って、骨髄穿刺を実施し診断へと繋げていく。

【STEP1】
骨髄穿刺の結果、骨髄が低形成、正形成、過形成のどの状態にあるのか把握する。

【STEP2】
1) 骨髄が過形成~正形成の場合
赤芽球<50%芽球≧30%MPO 陽性芽球≧3%・AML と診断される。
・前骨髄球の増加の有無、単球系細胞の増加の有無、骨髄芽球の比率などによりM1、M2、M3、M4、M4a、M4Eo、M5a、M5bを分類する。
MPO 陽性芽球<3%・ALL とAML(M0)が考えられる。
・細胞表面マーカー検査にて表面形質を確認し、リンパ球系マーカーが陰性で、骨髄系マーカーのCD13、CD33のどちらかが陽性もしくは一方が陽性の場合はM0 と診断される。
・リンパ球系マーカーが陽性の場合はALLと考えられる。芽球の形態によりL1,L2,L3 に分類する。
芽球<30%・細胞の異形成像をもとに、骨髄異形成症候群(MDS)と診断される。
・骨髄の芽球(BMBL)、末梢血の芽球(PBBL)、末梢血の単球数(PBMO)により細分される。
赤芽球≧50%赤芽球以外の細胞の芽球を確認し、30%以上であればAML(M6)、30%未満であれば、MDS が考えられる。

2) 骨髄が低形成の場合
有核細胞中の芽球を確認する。30%未満の場合はMDS、30%以上の場合は低形成性の白血病となる。

3) 骨髄液の採取が不能(drytap)の場合
AML(M7)が疑われるため、骨髄生検、細胞表面マーカー検査を実施し、確認する。

【関連記事】
FAB分類- 急性骨髄性白血病 (AML)


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  血液・膠原病・アレルギー
Adminブログパーツ