医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

SIADHの診断基準

2013.06.12 (Wed)
SIADH(syndrome of inappropriate secretion of ADH)の診断基準(厚生労働省間脳下垂体機能障害に関する調査研究班 平成 22 年度総括・分担研究報告書.158-159.)

[診断基準]
Ⅰの 1 を満たし,かつⅡの 1 から 7 すべての項目を満たすもの.

Ⅰ.主症候
 1.脱水の所見を認めない.
 2.倦怠感,食欲低下,意識障害などの低ナトリウム血症の症状を呈することがある.

Ⅱ.検査所見
 1.低ナトリウム血症:血清ナトリウム濃 度 は135 mEq/lを下回る.
 2.血漿バゾプレシン濃度:血清ナトリウム濃度が135 mEq/l未満で,血漿バゾプレシン濃度が測定感度以上.
 3.低浸透圧血症:血漿浸透圧は 280 mOsm/kgを下回る.
 4.高張尿:尿浸透圧は 300 mOsm/kgを上回る.
 5.ナトリウム利尿の持続:尿中ナトリウム濃度は20 mEq/l以上である.
 6.腎機能正常:血清クレアチニン値は1.2 mg/dl以下である.
 7.副腎皮質機能正常:早朝空腹時の血清コルチゾール濃度は 6 μg/dl以上である.


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  診断基準
Adminブログパーツ