医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

原発性甲状腺機能低下症の診断基準

2013.06.12 (Wed)
[診断基準]a)およびb)を有するもの

a)臨床所見:無気力、易疲労感、眼瞼浮腫、寒がり、体重増加、動作緩慢、嗜眠、記憶力低下、便秘、嗄声等いずれかの症状

b)検査所見:遊離T4低値およびTSH高値

【付記】
1.慢性甲状腺炎(橋本病)が原因の場合、抗マイクロゾーム(またはTPO)抗体または抗サイログロブリン抗体陽性となる。
2.阻害型抗TSH受容体抗体により本症が発生することがある。
3.コレステロール高値、クレアチンフォスフォキナーゼ高値を示すことが多い。
4.出産後やヨード摂取過多などの場合は一過性甲状腺機能低下症の可能性が高い。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  診断基準
Adminブログパーツ