医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

看護師が選ぶ「一緒に働きやすい科の医師ランキング」

2013.12.28 (Sat)
日経メディカルの「一緒に働きやすいのは何科の医師?」で、看護師を対象に、職場でのイメージに関してのアンケート結果が発表されていました。

「一緒に働きやすい医師が多い診療科」「“俺様”キャラの医師が多そうな診療科」など、興味深い結果が掲載されていました。医師からしても、結構「あるある(笑)」と感じる結果となっていました。
ranking.jpg

「一緒に働きやすい医師が多い診療科」では、1位 消化器外科、2位 総合診療・一般内科 3位 整形外科となっています。
消化器外科と整形外科については看護師から、「飲みに誘いやすい」「気軽に質問できる」といった声が聞かれ、ノリが良い、といった印象があるようです。また、他の診療科に比べて複雑な管理を要するようなことがなく、診療科の特徴も関係しているようです。

2位の総合診療・一般内科が働きやすい理由には、「コミュニケーション能力が高い医師が多そうな診療科」で総合診療・一般内科は一位だったことから、コミュニケーションがとりやすいことが理由となっていそうだ、とのことです。

一方、ネガティブな意見が聞かれたランキングでは…
「“俺様”キャラの医師が多そうな診療科」は、心臓・血管外科が1位だったそうです。2位の脳神経外科も3位の消化器外科も、いずれも外科だったそうです。

ちなみに同じ設問を医師にしたところ、外科の間の2位に、循環器内科がランクイン。コンサルトするときの対応で、そう感じる医師が多いそうです。納得される先生もいるのではないでしょうか(笑)

このランキングの教訓とすれば、1) 質問されたら、わかりやすくしっかりと説明する。2) 変に細かい指示出しなどは控える。3) 急変時などにも、嫌そうにせず冷静に対応…といったことを行うと、印象が良くなるということでしょうかね。参考にしてみてはいかがでしょうか。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  臨床
Adminブログパーツ