医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

感染症対策が重要!タトゥーのアフターケア方法

2013.12.29 (Sun)
薬剤師の方を対象としたオンラインサイト・日経ドラッグインフォメーションに「タトゥーのアフターケア」が掲載されていました。こちらの記事は、米国の大手チェーン薬局「ウォルグリーン」に薬剤師として勤務する大野真理子さんが書かれたものです。タイトルそのままの症例に対する対処法を教えてくれています。

t.A.T.u.
t.A.T.u.

じつは、施術後に感染症を起こして腫れ上がった状態も多く見受けられるそうです。原因には、インクへのアレルギー反応や、汚染されたインク・器具による感染が挙げられる、とのこと。

処方のポイントとしては、

・OTC薬の抗生物質の入った軟膏で傷として手当する。
・ビタミンAとビタミンDが配合された軟膏や保湿剤の併用がお勧め。傷が治った後、絵が綺麗に残る。
・器具やインクによる重篤な感染症が疑われる場合は、皮膚科を受診するように説明しています。

などだそうです。

ちなみに、海外の方で漢字を彫る場合、字の間違いなど・意味を間違って覚えている場合もあるそうなので、指摘していいものか迷う、ということもあるようです。


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  皮膚科
Adminブログパーツ