医学生/研修医向け 基礎医学 内科学 ゴロ合わせ 内科認定医試験
診療データ TNM分類一覧 病期(ステージ)一覧 抗菌薬 診断基準・ガイドライン一覧

当サイトのページランキング

成人の風疹は「後頸部のリンパ節腫脹」が手がかりに

2013.12.31 (Tue)
日経メディカルオンラインにて、「成人風疹は「後頸部のリンパ節腫脹」で見分ける」が掲載されていました。

本年は風疹の流行が問題となりました。特に、先天性風疹症候群のこともあり、妊婦への影響が懸念される、と大々的に報じられていました。そんな中で、特に問題となったのが「成人の風疹」です。一般内科医ですと、なかなか診ることがないだけに、見逃されるケースもあるわけです。

風疹患者には、どのようなサインがあるのか…といいますと、その特徴としては「後頸部リンパ節腫脹」が挙げられるそうです。成人風疹患者の場合、「蕁麻疹ができたんですけど」「熱があって体がだるいんです」「風邪を引いて薬を飲んだらアレルギーが出ました」「耳の辺りが痛いです」といった主訴があるそうです。

WS000000_20131231065542677.jpg
成人風疹は「後頸部のリンパ節腫脹」で見分ける


その中で、国立国際医療研究センター病院の國松淳和氏は、「強力な手がかりとなるのがリンパ節腫脹の部位。30人ほどの風疹例を診察した経験から、前頸部のリンパ節が腫れる一般の風邪などとは違い、後頚部、耳介の後ろや後頭部のリンパ節が腫れてくるのが、風疹の特徴だ」とのことです。

風疹による皮疹は、顔から始まって首、体幹部、四肢遠位へと1~2日かけて広がっていきます。患者によっては皮疹が強い発赤を示すので、麻疹による皮疹の性状とよく似ているそうです。

ただ、國松氏は、「『麻疹は紅斑が癒合するが、風疹は癒合しない』と覚えている医師が多いが、成人の風疹患者は症状が重く、紅斑が癒合しているように見えるケースがある」といった注意点も挙げておられます。

最終的には、風疹のIgG抗体やIgM抗体を調べ、診断することになります。ただ、それを調べる上で、症状をしっかりと把握し、疑うことが重要となりそうです。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  呼吸器

「バイアスピリン」を解熱鎮痛薬として使っていた男性

2013.12.29 (Sun)
薬剤師の方を対象としたオンラインサイト・日経ドラッグインフォメーションに「頭痛時にバイアスピリンを勝手に服用」という記事が掲載されていました。症例は58歳の男性で、タイトルの通り、頭痛がするたびに、バイアスピリン(一般名アスピリン)を鎮痛目的で勝手に頓用していたそうです。

バイエルアスピリン
【指定第2類医薬品】バイエルアスピリン 30錠

アテローム血栓性脳梗塞と診断され、再発予防のためバイアスピリンが処方されていたそうですが、ある日の来局時、「前回バイアスピリンが足りなくなったので、今回は少し余分にもらえないか」と言ってきたことから、話を聞いた薬剤師さんにより判明したそうです。

薬名に「アスピリン」が付くことから、患者は鎮痛剤として使われるものと同じ作用があると思い込んでしまった、ということのようです。似て非なるもの、ということをしっかりと説明する必要がありそうですね。

ちなみに、「アスピリン」と「バイアスピリン」の説明を。
アセチルサリチル酸の商標名が「アスピリン」であり、「バイアスピリン」は1錠あたり、アセチルサリチル酸100 mgを含有するものです。

アスピリンは、解熱鎮痛剤として使われる非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)の一つですが、血小板凝集阻害作用も併せ持つため、脳梗塞や心筋梗塞後の患者に対して血栓形成抑制を目的に処方されています。この場合の至適用量は75~150mg/日で、解熱鎮痛剤として用いられる量(バファリンですと、1錠330 mg含有、バイエルアスピリンですと1錠500 mg)よりもかなり少ないです。

アスピリンは低用量の場合、血小板のCOX-1経由でトロンボキサン(TX)A2産生のみを阻害し、抗血小板作用を示しますが、高用量になると、COX-2や血管内皮細胞のCOX-1も同時に阻害するため、抗血小板作用は減弱するそうです。

それにしても…消化管出血などを起こさなくてよかったですね。患者さんへの薬剤の説明が重要だ、と気付かされる例ですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  薬理学

感染症対策が重要!タトゥーのアフターケア方法

2013.12.29 (Sun)
薬剤師の方を対象としたオンラインサイト・日経ドラッグインフォメーションに「タトゥーのアフターケア」が掲載されていました。こちらの記事は、米国の大手チェーン薬局「ウォルグリーン」に薬剤師として勤務する大野真理子さんが書かれたものです。タイトルそのままの症例に対する対処法を教えてくれています。

t.A.T.u.
t.A.T.u.

じつは、施術後に感染症を起こして腫れ上がった状態も多く見受けられるそうです。原因には、インクへのアレルギー反応や、汚染されたインク・器具による感染が挙げられる、とのこと。

処方のポイントとしては、

・OTC薬の抗生物質の入った軟膏で傷として手当する。
・ビタミンAとビタミンDが配合された軟膏や保湿剤の併用がお勧め。傷が治った後、絵が綺麗に残る。
・器具やインクによる重篤な感染症が疑われる場合は、皮膚科を受診するように説明しています。

などだそうです。

ちなみに、海外の方で漢字を彫る場合、字の間違いなど・意味を間違って覚えている場合もあるそうなので、指摘していいものか迷う、ということもあるようです。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  皮膚科
Adminブログパーツ